2018.04.10

イベント

【レポート】お坊さんと遊ぼう!お寺ボードゲームの会

4月1日(日)、 現役僧侶が開発したゲームとして話題を呼んだ、 “仏教系ボードゲーム”を、開発者の向井真人さんと楽しむ『お坊さんと遊ぼう!お寺ボードゲームの会 in 和空下寺町』を開催いたしました!
 

 
当日、まず遊んでいただいたのは、「WAになって語ろう」というコミュニケーションゲーム。
 

 
このゲームでは、64 枚の質問カードを使って、隣の席の人にカードに書かれていることを聞いていきます。
 
質問カードには、「最近泣いたのはいつですか」「全くお金に苦労しないとしたらどんな仕事がしたいですか」などが書かれています。
大人であれば普段(初対面であれば尚更!)話すことがないことではありますが、そんな中でも心を開くことによって参加者の皆さんの心の距離がグッと近付いた様子・・・
皆さん最初は緊張気味でしたが、一気に和気あいあいとした雰囲気に!!!
 
そして、もうひとつ遊んでいただいたのが「檀家-DANKA-」というゲーム。
 
こちらのゲームでは、プレーヤーひとりひとりが“住職”となり、修行やおもてなし、大仏の管理などの住職としてのお勤めをこなしていきます。
お寺のファンである「檀家」チップを増やし、最終的には檀家チップが最も多いプレーヤーの勝ちとなります。
 
少しルールが難しい部分もあったようでしたが、そこは開発者の向井さんが解説。普段なかなか知ることのないお寺の経営について、楽しみながら学びました!
 

 

テーブルを囲みながら時間を共に過ごした皆さん、最後にはとても良いお顔をされていたのが印象的でした。ボードゲームの力はすごい!
 

「そんなすごいゲーム、遊んでみたい!」「欲しい!」という方は、インターネットで購入することができますので、チェックしてみてくださいね。
http://www.puninokai.com/