精進料理とは

About Shojinryori

仏教の「不殺生」の戒めに基づいて、修行に励む(精進する)方のために作られる食事です。

食事は、つくることも、食べることも大切な修行の一環とされ、 基本的には肉や魚を使わず、野菜・穀物・海藻などを中心に「 五色・五法・五味 」でバランス良く、「 三心 」の精神で、心を込めて作られています。

また、低カロリーで栄養にも配慮されているので、生活習慣病の予防やダイエット食など多方面で取り入れられています。

  • 五色
  • 五法
  • 五味
五色
(彩り)緑・黄色・赤・白・黒
五法
(調理)生・煮る・焼く・揚げる・蒸す
五味
(あじ)酸味・苦味・甘味・辛味・塩味
三心
(喜心)生命の恵みに対して感謝し、つくる喜びの心
(老心)食事される方を想う「おもてなし」の心
(大心)かたよらない・とらわれない寛大な心
作法
作法は、宗旨宗派によって異なります。
生命に感謝し、残さずにいただきましょう。
また食事中は、できる音を立てずに器や箸は丁寧に扱います。

精進料理の献立例

Menu for shojinryori

宿坊・和空下寺町では、毎月献立を変えて皆様をお迎えしております。

炊き合わせ

五色の彩り豊かなやさしいお味の炊き合わせ。旬の食材が持つ活力を有難くいただきます。

とろ湯葉

ヘルシーで高タンパクなとろ湯葉。天台宗の開祖・最澄が中国から持ち帰ったのが始まりとされています。

胡麻豆腐

30分ほどかけて丁寧に練り上げてお作りしている胡麻豆腐。精進料理の代表的な料理です。

※ ご体験当日は、「精進料理のしおり」をお渡ししておりますので、体験前にご一読くださいませ。

和空下寺町での朝食

About Asagayu

朝粥

<粥有十利>

血色が良くなる、気力が増す、体に優しい、消化に良い、便通に良いなど、粥には10の効能があると言われ、禅修行の一環に取り入れられています。

和空下寺町では、粥を朝食としてご提供しております。

体験概要

Overview

時間
(朝食)08:00~
(夕食)18:00~
場所
大広間
アレルギーなど
食事制限をお持ちの方は、ご利用日の2日前までにご連絡ください。
注意事項
・集合時間は厳守をお願いしております。
・開始時間に間に合わない場合は、必ずご連絡ください。

体験プランを見る

Experience plan

1泊2食付きプラン
夕食:精進料理、朝食:朝粥がついたプラン。体験は、写経・写仏・坐禅からお選びください。